• English
  • French
  • Japanese
  • Korean
  • Russian
  • Spanish
  • Thai
  • Vietnamese

滞在ビザについて

出発前のご確認

a. 往復チケットか、もしくはフィリピンから第三国へ行く為の航空券
b. 滞在期間+6ヶ月以上のパスポート有効期限

 

フィリピン到着時

空港へご到着の際に、30日間の観光ビザが自動的に無料で発行されます。
フィリピンで留学するためには、滞在期間の第1週間目に、フィリピン移民局からSSP(特別学生許可証)を取得する必要があります。確実に滞在ビザの延長手続きを行うために、当校に代行をおまかせ頂くことをお勧めします。

 


【SSP取得手数料】 6,000ペソ(代行手数料込み)
4週間以下の滞在に関しましては、滞在ビザの延長手続きは必要ありませんので、SSP取得手数料以外の支払いはございません。

4~8週間の滞在を予定されている方

到着時に発行される30日間有効な観光ビザは、有効期限が切れる少なくとも一日前に延長することが義務付けられています。1回目のビザ延長手続き(3,130ペソ〈手数料込み〉)により、30日間のビザの延長が可能になります。それ以降につきましては、フィリピン移民局により59日間の滞在期間毎にビザを延長することが義務付けられています。

 

8週間以上の滞在を予定されている方

59日間の滞在期間後にビザの延長(59日間)およびACR-I Card「外国人登録証」の取得が義務付けられています。ビザ延長手続き(59日間)とACR-Iカード取得料金の合計:約7700ペソ

 

毎回の滞在ビザ延長手続きにかかる手数料は、約3,300 ペソですが、フィリピン移民局による別途の支払い請求や滞在期間の長さにより、多少違いがございますので、予めご了承ください。これらの手続き等につきましては、当校が責任を持って代行させていただきますのでご安心ください。
 
6ヶ月以上の滞在をされる場合、住居証明書の取得が義務づけられています。(約1400ペソ)

 

※為替の変動や入国管理の決定による価格変動がありますことをご了承ください。こちらのウェブサイトには、常に最新の情報をご提供させていただきます。ビザの延長につきましては、オリエンテーションの際にも詳しいお話しをさせて頂きます。

 

※16歳以下の方に関しましては、通常の手数料よりも低価格でビザの延長が可能です。
※キャンセルが発生した場合の、SSP及び代行手数料の払い戻しは出来ませんのでご注意ください。

 

 

質問がございましたら、いつでもサポートさせていただきますので、お気軽にメールにてお問い合わせ下さい。→ お問い合わせはコチラ